読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✕それみれ!〇それみろ!

私立恵比寿中学の中山莉子ちゃんを応援したい(願望

京都2s会に行ってきたっていう話!

京都の2s会に行ってきました!

個人ブログ感まるだしですが、京都に2s行ってきたって話をさせてください!

と、いいつつ人様の"ライブレポート"は拝見させていただくのも抵抗はないんですが、握手会や2sのレポートとかを"自分のものを他人に語る"のも、"他人のものを見る"のもあんまり好きではなかったり…。

多分他にもそういう方いらっしゃるんじゃないかな?いないか笑

まあ「2s会本番」とあんまし関係ないのところで小話でも1つ。

 

2sが終わってウキウキ気分で帰宅後の話。

普段は自分がちょっとでも写ってる写真は見たくもないという私が、何の気の迷いからか、「この写真は印刷してオサレなフレームに入れて家宝にしよう!」と思い立ったのです。

しかし家にプリンタがないのでインターネットでプリント事情を調べたら、セブンイレブンで簡単にプリントアウトできるらしいぞ!とのこと。

スマホに写真を保存していたので、すぐにアプリ入れて登録してウキウキ100%で近所のセブンイレブンへと向かったのです。

モノがモノだけに入店後はさっさと印刷して帰りたかったので、印刷の手順はかなり予習していきました。

入店、お金投入、画面操作も完璧、後は印刷を待つのみ!

そこで悲劇は起きたのです。

「ピーッピーッ」という温かみのかけらもない音がなると同時に、プリンタの画面には「店員をお呼び下さい」の文字が。

まさかの紙詰まり。

この時点で頭が真っ白になりました。

このままエラーを吐いたプリンタを放置して逃げ出そうかとも思いましたが、後から店員さんがプリンタを直して、2s写真が持ち主不明のまま事務所に保管されることだけは避けなければならないと判断しました。

なので、多少上ずった声で店員さんを呼んだのです。

そこからも大変で、おばちゃん店員はプリンタの紙詰まりを直すことができなくて10分ぐらい格闘していました。

その横で私が考えていることは「立ち去りたい」と「直ったらすぐに捌けてくれよ」の2パターンのみ。

格闘の末、ついにプリンタが動きだしました。

おばちゃん店員という名の戦士は自分の功績を見届けるべく、その場に残るような雰囲気で「写真印刷のお客さんはよく詰まるんですよー」と語ってくれました。

私は「よく詰まるならスッと直してくれよー!!」とはツッコめず、「そ、そうですか」としか言えませんでした。

なぜならこの時は「捌けろ!捌けろ!」という思考に脳を支配されていたからです。

しかし無情にも印刷物排出口から例のブツが。

戦士はそれをわざわざ手に取って私に渡してくださいました。

私は「アリガトウゴザイマスッ」と言って逃げるようにして帰りました。

おばちゃんに私とりったんのエイエイエオー!を見られたかどうかは今となっては分かりません。

しかし、これだけは言えるのが、公の場では闇の深そうな写真にしか見えなかったブツも家に持ち込んでしまえば光り輝く家宝です。

さっそくオサレなフレーム探しに行こっと♪

~fin~

なんだこれ笑

 

あと、せっかくの京都ということで観光してきました。

観光地での1ショット会の写真を数枚載せたいと思います!誰得!

例の舞台でおなじみの清水寺

 

 

向こう側にピント合わせるとこうなっちゃうんですが、上手い撮り方が分かりません笑

 

京都っぽい路地にて。これはボヤけがいい味出してますね。

 

 

めっちゃ鳥居がある伏見稲荷大社

大分前に観た名探偵コナンの映画のEDでも出てきたのを今でも覚えています。

去年の春ツアーの時に寄ろうかなと思ったんですが時間の関係で寄れなくて悔しい思いをしたので行けて良かったです。

 

普通の観光写真に急に飛び込んできた人っぽい…

 

あと数枚1ショット会の写真があるんですが、どれも全然上手く撮れてませんでした。

なんせ土曜日で観光客がめちゃくちゃ沢山いる状況での撮影でしたので、コソッと人目につかないように撮るのに必死でしたから笑

この人形使っての撮影で上手く撮れる方法と人前で恥ずかしくならずに撮れる方法をお知りの方は是非コメントを…笑

 

以上で京都の2s会のレポート(?)を終わります!

ありがとうございましたー!